お知らせ

開店2周年 こだわりのえごま麺 「かくれ麺家 SAREDO 忍ばず」

トピックス
開店2周年記念限定ラーメン
開店2周年記念限定ラーメン
店舗入り口
店舗入り口

こだわりのえごま麺が食べれるお店として話題の長野市稲葉にある「かくれ麺家 SAREDO 忍ばず」(有限会社オリジナル インテンション・須坂市)が平成31年2月25日に開店2周年を迎えました。
今回、2周年を記念して当社と共同で期間限定商品の地粉中華麺を作りました。この地粉中華麺は長野県産小麦「ユメカオリ」と「ハナマンテン」をブレンドし、地粉を100%使用しています。石臼挽きした長野県産小麦も使用しており、低加水麺で麺を口に入れた時の小麦の香りや噛んだ時の麺の味、そして喉ごしもよく、開店2周年記念限定メニューの醬油あご出しスープとの相性は抜群です。器の真ん中にはセリが乗っており、低温チャーシューのピンク色も相まって春らしい一品に仕上がっています。3月4日から17日までの2週間期間限定商品なので是非この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。
前回にもご紹介いたしましたが、石臼挽きした小麦粉は熱の発生が抑えられるので、小麦が本来持つ豊富な繊維質、ミネラル等の栄養素がそのまま残り、味や香りが損なわれることのないため、その小麦粉で作った麺は風味が際立ち、麺そのものの味が濃く美味しく感じられます。
こちらのお店の看板商品は「えごま」を麺に練り込んだえごま麺を使ったラーメンです。えごま麺はコシがあり歯切れのよい麺で、一口食べるとほどよくえごまの香りがします。見た目はえごまが沢山見えてインパクトがあります。他店では味わうことの出来ない一品です。えごま麺以外にも、太麺、細麺、低加水麺があり、お好みで麺を選ぶことが出来るのも魅力です。スープは醬油、塩、とんこつ、味噌、辛味噌、あご出し、溜り醬油等、バラエティー豊富に揃っていますので、麺の種類とスープの組み合わせで自分好みの一杯を食べることが出来ます。「当社過去記事」でも紹介しています。みなさんも是非一度お試しください。

詳しい情報は「かくれ麺家 SAREDO 忍ばず」をご覧ください。