お知らせ

11名がFSSC22000内部監査員研修に参加

トピックス
今城氏によるHACCP講習会の様子
今城氏によるHACCP講習会の様子

当社は2019年9月12日、長野県社会福祉総合センターにて食品衛生講習会を開催しました。
内容は食品安全の認証スキームのうち世界的に最も普及しているFSSC22000の認証取得に必要なスキルを習得するものです。
前半はロイドレジスタージャパン(株)執行役員食品事業部長の今城敏(いまなりさとし)氏によるHACCPをベースにした生めん製造に関する食品衛生講習をしていただきました。今城氏は当社の製品や製造工程を把握されたうえで、一歩踏み込んだ管理方法について多角的な視点から講話いただきました。
後半は、内部監査員研修を実施し、食品安全チームを含む11名が参加ました。今後、従業員が内部監査員となり社内の監査を行うことになります。内部監査員は相当な食品安全に関する知識レベルが求められます。様々な規約や規定をベースにした現場レベルに合わせたチェックリストを作り込み、監査の実施、報告書の作成と監査結果の分析を行い、最終的にマネジメントレビューを行います。11名の内部監査員と一連の監査サイクルが機能すれば、当社としても強力な食品安全に係わる武器を手に入れたといえるでしょう。
当社は食品事故ゼロを目指し、今後も様々な取り組みを実践していきます。