お知らせ

栗田工場 JFS-B規格取得

トピックス

当社の栗田工場は2021年6月にJFS-Bの適合証明を取得しました。

組織名:株式会社塚麺商事
認証取得施設:
・株式会社塚麺商事 栗田工場
 住所 長野県長野市栗田55
監査機関:アース環境サービス株式会社
適合証明日:2021年5月14日

当社は2021年HACCP制度化に向け、2015年にHACCPチーム(現:食品安全チーム)を立ち上げ、2018年10月に「HACCPチャレンジ事業」を登録、2019年1月に「東京都認証」を取得し、2020年6月には「FSSC22000」の認証を取得をしてきました。

栗田工場は、中華麺や生パスタやギョウザの皮などを製造しており、業務用製品が主力です。長引くコロナ禍で奮闘している外食産業の皆様に、より安心できる品質の安定した商品を引き続きお届したいという思いからJFS規格の取得を目指してきました。JFS規格とは、国際的な⺠間組織であるGFSIに認められた日本発の食品安全の国際規格です。B規格においては、HACCP7原則12手順を含んでおり、HACCP制度化にも対応しています。

栗田工場のJSB-B規格の取得により、当社では3つ全ての工場でGFSI認証の食品安全規格を取得いたしました。世界基準の食品安全に関する考え方を、当社独自の麺づくりに置き換え、引き続き安心・安全・で美味しい麺をお客様に提供し続けられるよう精進いたします。